MENU

日焼けをしている人やタトゥーを入れている人は脱毛ができません

ムダ毛のないツルツルの体になりたいというのは誰もが一度は考えることです。ムダ毛の処理が面倒な人の場合などにはいっそ全身脱毛をしてみたいと考えることもあるかもしれません。

 

ただし全身脱毛についてはすべての人が利用できるというわけではないのです。特に日焼けをしている人やタトゥーを入れている人については脱毛はできないという場合が多いのです。

 

これは脱毛に利用しているマシンの原理が関係しています。現在美容外科などではレーザー脱毛を行っていますしエステサロンなどでは光脱毛を行っているのですが、いずれについても黒い色に反応するマシンを利用して脱毛を行っているのです。

 

メラニン色素などの黒い色に反応して毛根を焼くことで脱毛を行うため、例えばほくろなどがあるとこれに反応してしまう可能性が非常に高いのです。そのため施術の際にほくろがある場合には目隠しシールを貼ることで火傷をしてしまうことを防いでいるのです。

 

日焼けをしている人の場合には肌にメラニン色素が沈着した状態となっていますので、これにマシンが反応して火傷をしてしまう可能性が高くなります。日焼けといっても程度は様々なのですが、あまりにも色が黒い場合には脱毛はできないということになるのです。

 

タトゥーについても同様です。タトゥーを入れる場合には肌に傷をつけてそこに染料を含ませることになりますので、タトゥーを入れた直後に脱毛を行うことは肌への負担が大きすぎて危険なのです。

 

タトゥーを入れてからある程度の時間が経過しているという場合であっても、タトゥーは黒い色を主体としているためマシンが反応して火傷をしてしまう可能性が高くなります。

 

日焼けをしていたりタトゥーを入れていたりする場合には原則としては脱毛はできないと考えてください。それでもどうしても脱毛がしたいという場合には美容外科やエステサロンなどで相談してみましょう。

おすすめの脱毛サロンランキングはこちら